電子情報通信学会IN-CCS合同研究会@オンラインでD1の長谷川聡が発表(招待講演)

2020年8月3-4日にオンラインで開催された電子情報通信学会IN-CCS合同研究会の招待講演にてD1の長谷川聡が発表しました。

発表タイトル:IoTデバイス向け強化学習型チャネル選択手法と建築物モニタリングシステム応用


学会HP:https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=eefac99a1577fdcbeb485c8855870b5e199133fc26be53079ecd3a0e6c71a80f&tgid=IEICE-CCS

電子情報通信学会CCS-NLP合同研究会@オンラインでM1の岡田典大が発表

2020年6月5日にオンラインで開催された電子情報通信学会CCS-NLP合同研究会にてM1の岡田典大が発表しました。

発表タイトル:Surrogate Data法に基づくLaser Chaos Decision Makerの有効性の解析

学会HP:https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=2d9e777b221b433f2f9d85bd779a01345c36b1380f4fcec2caa44256edb2bcaa&tgid=IEICE-NLP

2020 International Conference on Artificial Intelligence in Information and Communication (ICAIIC) @福岡でM2の長谷川聡と伊藤大赳が発表

2020年2月19日〜21日に福岡で開催された国際学会2020 International Conference on Artificial Intelligence in Information and Communication (ICAIIC)にてM2の長谷川聡と伊藤大赳が発表しました。

長谷川聡の発表タイトル:Performance Evaluation of Machine Learning Based Channel Selection Algorithm Implemented on IoT Sensor Devices and Its Application to Wireless Sensor Network for Building Monitoring System
発表論文のページ:https://ieeexplore.ieee.org/document/9065211
DOI: 10.1109/ICAIIC48513.2020.9065211

伊藤大赳の発表タイトル:High-Speed Optimization Method for Resource Allocation in Wireless Communication Systems by Coherent Ising Machine
発表論文のページ:https://ieeexplore.ieee.org/document/9065239
DOI: 10.1109/ICAIIC48513.2020.9065239


学会HP:http://icaiic.org/

2020 IEEE 17th Annual Consumer Communications & Networking Conference (CCNC) @ラスベガスでM2の長谷川聡が発表

2020年1月10日〜13日にラスベガスで開催された国際学会2020 IEEE 17th Annual Consumer Communications & Networking Conference (CCNC)にてM2の長谷川聡が発表しました。

発表タイトル:Performance Evaluation of Machine Learning Based Channel Selection Algorithm Implemented on IoT Sensor Devices in Coexisting IoT Networks

学会HP:https://ccnc2020.ieee-ccnc.org/

発表論文のページ:https://ieeexplore.ieee.org/document/9045712

DOI: 10.1109/CCNC46108.2020

M1田中智恵美がNOTLA2019 Best Student Paper Awardを受賞

 

【Best Student Paper Award】

受賞者工学研究科 電気工学専攻 修士課程1年 田中 智恵美
受賞題目Implementation of APCMA protocol for Power Packet Networks
受賞内容本賞は、非線形理論とその応用に関する研究奨励のため、International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications での学生発表者に対して授与されるものである。
本発表では、スパイクオートマトンを応用した新しい多重通信方式APCMAを、電力パケットネットワークに応用し、新方式の有効性を、初めて実機で実証することに成功したことを報告した。さらに、IoTへの実装と実験により、キャリアセンスがなくても低ビットエラーレートな低消費電力無線通信が可能となることについても報告した。
その内容が、2019 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications における学生発表の中で最優秀と認められたため。
受賞日2019年12月6日

    

学会HP: https://www.ieice.org/nolta/symposium/
受賞者: https://www.ieice.org/nolta/symposium/student_paper/#year_2019

The 10th International Conference on ICT Convergence@Jeju Island, Koreaで長谷川幹雄教授が招待講演

2019年10月16-18日に韓国済州島のRamada Plaza Hotelで開催されたThe 10th International Conference on ICT Convergenceにて長谷川幹雄教授が招待講演しました。

タイトル:High-Speed Optimization by Quantum Neural Networks and Its Application in Radio Resource Management
HP: http://ictc.org/?page_id=102&ckattempt=1

2019年 電子情報通信学会ソサイエティ大会@大阪大学でM1の小林頌矢が発表

2019年9月10-13日に大阪大学 豊中キャンパスで開催された2019年 電子情報通信学会ソサイエティ大会にてM1の小林頌矢が発表しました。

発表タイトル:量子ニューラルネットワークを用いた分散アンテナシステムにおけるスケジューリングの高速最適化

学会HP:https://www.ieice-taikai.jp/2019society/jpn/index.html

非線形ワークショップ2019@南熱川を開催

2019年9月2-5日に南熱川しおさい館にて非線形ワークショップ2019を開催しました。今年度は12大学16研究室(計154名)が参加し日頃の研究成果を発表しました。長谷川研究室からの発表者及びタイトルは以下の通りです。またB4の岡田典大が優秀ポスター賞を受賞しました。

M2
堀口 勇輝 「偏相関分析による脳の機能的結合の解析」
伊藤 大赳 「コヒーレントイジングマシンを用いた組合せ最適化実験と性能改善手法の検討」
姜 雨暢 「コヒーレントイジングマシンを用いた D2D 通信のチャンネル割当と送信電力の最適化」
松田 敏幸 「電力パケットネットワークに適したルーティングプロトコルの設計と実装」
長谷川 聡 「IoT システムの混在環境における強化学習型チャネル選択手法の性能評価」
竹内 俊剛 「レーザカオス時系列を用いた意思決定原理による無線通信の動的チャネル選択」

M1
田中 智恵美 「Asynchronous Pulse-Code Multiple Access(APCMA) の無線実装」
古川 穂南  「Wi-SUN 車車間通信における TOW を用いたチャネル選択」
小林 頌矢 「量子ニューラルネットワークを用いた分散アンテナシステムにおけるスケジューリングの高 速最適化」

B4
岡田 典大 「空きチャネル推定に基づいたレーザカオスによる超高速チャネル選択方式」(優秀ポスター賞受賞)
北川 諒真 「建築物モニタリングにおける低消費電力 IoT デバイスの開発と Lifetime の推定」
桑田 和輝 「分散アンテナシステムにおけるスケジューリング最適化手法の性能評価」
土屋 恒平 「宇宙インターネットのためのクロスレイヤ制御の検討」
浦田 旭都 「セルラーシステムにおけるスケジューリングアルゴリズムのシミュレーション評価」
長峯 諒太朗 「TOW を用いたネットワーク選択方式の実装と評価 」

研究生
段 増朝 「送受信ダイバーシティのシミュレーション」

非線形ワークショップHP:http://www.hisenkei.net/NLB/index.html
非線形ワークショップ2019HP:http://hase4f02.ee.kagu.tus.ac.jp/index.html