M1田中智恵美がNOTLA2019 Best Student Paper Awardを受賞

 

【Best Student Paper Award】

受賞者工学研究科 電気工学専攻 修士課程1年 田中 智恵美
受賞題目Implementation of APCMA protocol for Power Packet Networks
受賞内容本賞は、非線形理論とその応用に関する研究奨励のため、International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications での学生発表者に対して授与されるものである。
本発表では、スパイクオートマトンを応用した新しい多重通信方式APCMAを、電力パケットネットワークに応用し、新方式の有効性を、初めて実機で実証することに成功したことを報告した。さらに、IoTへの実装と実験により、キャリアセンスがなくても低ビットエラーレートな低消費電力無線通信が可能となることについても報告した。
その内容が、2019 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications における学生発表の中で最優秀と認められたため。
受賞日2019年12月6日

    

学会HP: https://www.ieice.org/nolta/symposium/
受賞者: https://www.ieice.org/nolta/symposium/student_paper/#year_2019