非線形ワークショップ2019@南熱川を開催

2019年9月2-5日に南熱川しおさい館にて非線形ワークショップ2019を開催しました。今年度は12大学16研究室(計154名)が参加し日頃の研究成果を発表しました。長谷川研究室からの発表者及びタイトルは以下の通りです。またB4の岡田典大が優秀ポスター賞を受賞しました。

M2
堀口 勇輝 「偏相関分析による脳の機能的結合の解析」
伊藤 大赳 「コヒーレントイジングマシンを用いた組合せ最適化実験と性能改善手法の検討」
姜 雨暢 「コヒーレントイジングマシンを用いた D2D 通信のチャンネル割当と送信電力の最適化」
松田 敏幸 「電力パケットネットワークに適したルーティングプロトコルの設計と実装」
長谷川 聡 「IoT システムの混在環境における強化学習型チャネル選択手法の性能評価」
竹内 俊剛 「レーザカオス時系列を用いた意思決定原理による無線通信の動的チャネル選択」

M1
田中 智恵美 「Asynchronous Pulse-Code Multiple Access(APCMA) の無線実装」
古川 穂南  「Wi-SUN 車車間通信における TOW を用いたチャネル選択」
小林 頌矢 「量子ニューラルネットワークを用いた分散アンテナシステムにおけるスケジューリングの高 速最適化」

B4
岡田 典大 「空きチャネル推定に基づいたレーザカオスによる超高速チャネル選択方式」(優秀ポスター賞受賞)
北川 諒真 「建築物モニタリングにおける低消費電力 IoT デバイスの開発と Lifetime の推定」
桑田 和輝 「分散アンテナシステムにおけるスケジューリング最適化手法の性能評価」
土屋 恒平 「宇宙インターネットのためのクロスレイヤ制御の検討」
浦田 旭都 「セルラーシステムにおけるスケジューリングアルゴリズムのシミュレーション評価」
長峯 諒太朗 「TOW を用いたネットワーク選択方式の実装と評価 」

研究生
段 増朝 「送受信ダイバーシティのシミュレーション」

非線形ワークショップHP:http://www.hisenkei.net/NLB/index.html
非線形ワークショップ2019HP:http://hase4f02.ee.kagu.tus.ac.jp/index.html