The 7th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences(JKCCS2019)@Pyengonchang Korea にて馬先生(助教)と竹内俊剛(M1)、倉沢昂明(B4) が発表,竹内がBest Student Paper Award を受賞!

2019年1月6~9日に韓国の平昌で行われた
The 7th Japan-Korea Joint Workshop on Complex Communication Sciences (JKCCS2018) にて
馬先生(助教)と竹内俊剛(M1)、倉沢昂明(B4)が発表を行いました。
また本ワークショップにて竹内が Best Student Paper Award を獲得しました。

馬先生(助教)
発表タイトル:A TOW-based Channel Assignment Scheme for Massive IoT network
竹内俊剛(M1)
発表タイトル:Dynamical channel selection in wireless communications by multi-armed bandit algorithm using chaotic time series
倉沢昂明(B4)
発表タイトル:Parameter Setting for Mutually Connected Neural Network Running on Coherent Ising Machine

ワークショップHP: https://sites.google.com/site/jkccs2019/index

Multiple innovative Kenkyu-kai Association for Wireless Communications 2018(MIKA2018)@静岡県伊東市にて長妻智也(M2)と伊藤大赳(M1)が発表

2018年9月26日~28日に静岡県伊藤市のハトヤホテルにて開催された
Multiple innovative Kenkyu-kai Association for Wireless Communications 2018(MIKA2018)にて
修士2年の長妻智也と修士1年の伊藤大赳が発表を行いました。

長妻智也(M2)
発表タイトル:Multi-armed Banditアルゴリズムを用いた無線センサネットワークの動的チャネル選択
伊藤大赳(M1)
発表タイトル:実機の制約を考慮したCoherent Ising Machineの性能評価
学会ホームページ:http://mika-wc.org/

The 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications(NOLTA2018)@Spain Tarragonaにて伊藤大赳、松田敏幸(M1)が発表

2018年9月2日~6日にスペインのタラゴナにて開催された
The 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2018)にて
修士1年の伊藤大赳、松田敏幸が発表を行いました。

伊藤大赳(M1)
発表タイトル:Performance Evaluation of a Coherent Ising Machine with Hardware Constraints
松田敏幸(M1)
発表タイトル:Design and Implementation of a Flexible Routing Protocol for Power Packet Networks
学会ホームページ:http://www.ieice.org/nolta/symposium/archive/2018/HP/

IEICE 複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS)@北海道伊達市にて鵜飼健太郎(M2)が発表

8月1,2日に北海道伊達市・きたゆざわ 森のソラニワにて開催された
複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS) 2018年度第2回研究会において
修士2年の鵜飼 健太郎が発表を行いました.

発表タイトル:
建築物モニタリングを目的としたIoTシステムにおける通信品質と省電力性に関する検討
https://www.ieice.org/ken/paper/20180802b1fV/

自然知能研究グループ+複雑コミュニケーション科学研究会@東京理科大学 森戸記念館にて長谷川教授が発表

3月26,27日に開催された自然知能研究グループ+複雑コミュニケーション科学研究会(東京理科大学 森戸記念館)において長谷川教授が発表を行いました.

発表タイトル:負の自己相関を持つカオスを用いた最適化https://sites.google.com/site/naturalintelligencejp/home/ni-ccs2

IEICE 複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS)@理科大にて村田侑雄(M2)が発表

3月26,27日に東京都の東京理科大学 森戸記念館において開催された
複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS) 2017年度第4回研究会にて
修士1年の村田侑雄が発表を行いました.

発表タイトル:Coherent Ising Machineを用いたIEEE802.11無線LANアクセスポイントの最適化手法https://www.ieice.org/ken/paper/20180326h12H/

電気情報通信学会 総合大会@東京電機大学にて長谷川教授が発表

3月20~23日に開催された 2018年電子情報通信学会総合大会(東京電機大学 東京千住キャンパス)において長谷川教授が発表を行いました.

発表タイトル:ニューラルネットワークによる最適化と無線リソース割当への応用

http://www.gakkai-web.net/gakkai/ieice/G_2018/Settings/ab/nbp_01_004.html

スマート無線研究会(SR)@YRP横須賀にて大島浩嗣(D1)が発表

2月28~3月2日に開催されたスマート無線研究会(SR)(横須賀テレコムリサーチパーク YRPセンター)において
博士1年の大島 浩嗣が発表を行いました.

発表タイトル:機械学習を用いたコグニティブサイクルに基づく無線ネットワーク最適化手法http://www.ieice.org/ken/paper/20180302S1c8/

IEICE 複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS)@東工大にて村田侑雄(B4)が発表

03月10~11日に開催された複雑コミュニケーションサイエンス研究会
(東京工業大学・地球生命研究所)において学部4年の村田侑雄が発表しました.

 

発表タイトル:Coherent Ising Machineを用いた非対称巡回セールスマン問題の解法
http://www.ieice.org/ken/paper/20170310pbS9/