M2堀口勇輝の論文が IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics,Communications and Computer Sciences に掲載

M2堀口勇輝の論文が、IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics,Communications and Computer Sciences に掲載されました。

論文タイトル:A Localization Method Based on Partial Correlation Analysis for Dynamic Wireless Network

著者:Yuki HORIGUCHI ,Yusuke ITO ,Aohan LI, Mikio HASEGAWA

論文:https://doi.org/10.1587/transfun.2021EAL2038

ジャーナルのリンク:


       


The 17th International Conference on Multimedia Information Technology and Applications(MITA2021)において、M2 北川諒真、M1橋本航汰が発表

7月5日〜7日に開催されたThe 17th International Conference on Multimedia Information Technology and Applications(MITA2021)において、M2 北川諒真、M1橋本航汰が発表しました。

【発表論文タイトル】

*北川諒真:Experimental Evaluation of Reinforcement Leaning Based Channel Selection  in Distributed IoT Systems

著者:Ryoma Kitagawa, Aohan Li, Yusuke Ito, Mikio Hasegawa, So Hasegawa** and So

*橋本航汰:Performance Evaluation of High-Speed Channel Assignment in Dense Wireless LANs by Coherent Ising machine

著書:Kota Hashimoto, Komei Kurasawa, Yusuke Ito, Aohan Li, Koya Sato, Mikio Hasegawa, Kensuke Inaba, Hiroki Takesue and Kazuyuki Aihara

学会HP:https://sites.google.com/view/icmita2020/home


NOLTAソサイエティ大会において、M2桑田和輝が発表

2021年6月12日「電子情報通信学会2021 NOLTAソサイエティ大会」において、M2桑田和輝が発表しました。

発表タイトル:Piggy-back Networkにおける車両割り当てと経路の最適化手法に関する検討

学会HP:https://www.ieice.org/nolta/society_conf/2021/index.html

論文タイトル掲載:https://www.ieice.org/nolta/society_conf/2021/program.html

スマート無線研究会(SR)において、M1山本大輔が発表

2021年5月20日~21日「電子情報通信学会 スマート無線研究会(SR)」において、M1山本大輔が発表しました。

発表タイトル:大規模モバイルIoT環境における強化学習を用いた自律分散型チャネル選択手法の評価

学会HP:https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-SR

論文タイトル掲載:https://www.ieice.org/ken/paper/20210521mC3s/

M2段増朝がEXCELLENT PAPER AWARDを受賞

International Conference on Artificial Intelligence in Information and Communication 2021においてをM2段増朝がEXCELLENT PAPER AWARDを受賞しました。

     

発表タイトル:High-speed Optimization of User Pairing in NOMA System Using Laser Chaos Based                MAB Alogorithm

学会HP:http://icaiic.org/
論文タイトル掲載:http://icaiic.org/wp-content/uploads/2021/04/ICAIIC2021_Detailed_Program_2104009_v1.pdf

M2倉沢昂明の論文がIEEE Wireless Communications Lettersに掲載

M2倉沢昂明の論文が、IEEE Wireless Communications Lettersに掲載 されました。

論文タイトル:A High-Speed Channel Assignment Algorithm for Dense IEEE 802.11 Systems via Coherent Ising Machine

論文:https://ieeexplore.ieee.org/document/9422746
https://doi.org/10.1109/LWC.2021.3077311

ジャーナルのリンク:https://ieeexplore.ieee.org/xpl/RecentIssue.jsp?punumber=5962382


       


ICAIIC2021において、M2段 増朝、M1大塚鉄兵、M1金政広志が発表

2021年4月13日~16日「OCAIIC2021(オンライン)in Jeju Island Korea」において、M2段 増朝、M1大塚鉄兵、M1金政広志が発表しました。

〇M2 段 増朝

   発表タイトル:

      High-speed Optimization of User Pairing in NOMA System Using Laser Chaos Based                MAB Alogorithm

    共著者: 岡田典大・成瀬 誠(東大)・ニコラ ショヴェ(東大)・李 傲寒・                  長谷川幹雄(東京理科大)

○ M1 大塚鉄兵


   発表タイトル:

      Coherent Ising Machine Based Opitimal Channel Allocation and User Pairing in NOMA               Networks

   共著者: 倉沢昂明・段 増長・李 傲寒(東京理科大)・佐藤 光哉(東京理科大)・          武居弘樹(NTT)・合原一幸(東大)・稲葉謙介(NTT)・                          長谷川幹雄(東京理科大)                                 

○ M1 金政広志


   発表タイトル:

      Dynamic Channel Bonding Using Laser Chaos Decision Maker in WLANs

   共著者: 李 傲寒(東京理科大)・成瀬 誠(東大)・ニコラ ショヴェ(東大)・                    長谷川幹雄(東京理科大)

学会HP: http://icaiic.org/

論文タイトル掲載:http://icaiic.org/wp-content/uploads/2021/04/ICAIIC2021_Detailed_Program_2104009_v1.pdf


M2大西 巧真の論文がIEICE Communications Expressに掲載

M2大西 巧真の論文が、IEICE Communications Expressに掲載 されました。

論文タイトル:A Reinforcement Learning Based Collision Avoidance Mechanism to Superposed LoRa Signals in Distributed Massive IoT Systems

論文:https://www.jstage.jst.go.jp/article/comex/advpub/0/advpub_2021XBL0033/_article

https://doi.org/10.1587/comex.2021XBL0033
       


電子情報通信学会総合大会において、M1岡田典大、M1北川諒真、B4魚住昂央、B4浦邉郁実、およびB4本多顕太郎が発表

2021年3月9日~12日に開催された電子情報通信学会総合大会において、M1岡田典大、M1北川諒真、B4魚住昴央、B4浦邉郁実、および本多顕太郎が発表しました。

〇M1岡田典大                             発表タイトル:                              Laser Chaos Decision Makerにおける負の自己相関の有効性解析     共著者: 岡田典大(東京理科大)・成瀬 誠・ニコラ ショヴェ(東大)・李 傲寒・長谷川幹雄(東京理科大)

○ M1北川 諒真
発表タイトル:                              Laser Chaos Decision Makerにおける負の自己相関の有効性解析     共著者: 北川諒真(東京理科大)・長谷川 聡(NICT)・李 傲寒(東京理科大)・金 成主(慶大)・長谷川幹雄(東京理科大)

○ B4魚住 昂央
発表タイトル:                              Laser Chaos Decision MakerによるMassive MIMOの超高速ビーム選択法
共著者: 魚住昂央・岡田典大(東京理科大)・成瀬 誠・Chauvet Nicolas(東大)・李 傲寒・長谷川幹雄(東京理科大)

○ B4浦邉 郁実
発表タイトル:                              動的競合Multi-Armed Bandit問題へのTug-Of-Warダイナミクス応用
共著者: 浦邉郁実・李 傲寒・伊藤友輔(東京理科大)・金 成主(慶大)・長谷川 聡(NICT)・長谷川幹雄(東京理科大)

○ B4本多 顕太郎
発表タイトル:                              Massive IoTにおけるAPCMA方式の実装と性能評価
共著者: 本多顕太郎・田中智恵美・李 傲寒(東京理科大)・Ferdinand Peper・Konstantinos Theofilis(NICT)・若宮直紀(阪大)・長谷川幹雄(東京理科大)

https://doi.org/10.1587/comex.2021XBL0033


2021 IEEE 18th Annual Consumer Communications & Networking Conference (CCNC)において、M2 古川 穂南が発表

1月9日〜12日に開催された2021 IEEE 18th Annual Consumer Communications & Networking Conference (CCNC)において、M2 古川 穂南が発表しました。

発表論文タイトル:A Channel Selection Algorithm Using Reinforcement Learning for Mobile Devices in Massive IoT System

著者:Honami Furukawa (Tokyo University of Science), Aohan Li (Tokyo University of Science), Yozo Shoji (National Institute of Information and Communications Technology), Yoshito Watanabe (National Institute of Information and Communications Technology), Song-Ju Kim (Keio University), Koya Sato (Tokyo University of Science), Yiannis Andreopoulos (University College London), Mikio Hasegawa (Tokyo University of Science)

学会HP:https://ccnc2021.ieee-ccnc.org/

2020 International Conference on Emerging Technologies for Communications において、M2 古川穂南が発表

12月2日〜4日に開催された2020 International Conference on Emerging Technologies for Communicationsにおいて、M2 古川 穂南が発表しました。

発表論文タイトル:Implementation and Experimental Evaluation of A Reinforcement-Learning-Based Channel Selection on A Mobile IoT System

著者:Honami Furukawa (Tokyo University of Science), Aohan Li (Tokyo University of Science), Yozo Shoji (National Institute of Information and Communications Technology), Yoshito Watanabe (National Institute of Information and Communications Technology), Song-Ju Kim (Keio University), Koya Sato (Tokyo University of Science), Yusuke Ito (Tokyo University of Science), Yiannis Andreopoulos (University College London), Mikio Hasegawa (Tokyo University of Science)

学会HP:https://www.ieice.org/cs/icetc/

2020 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applicationsにおいて、M2 田中智恵美が発表

11月16日~19日に開催された2020 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applicationsにおいて、M2 田中智恵美が発表しました。

発表論文タイトル:Implementation of Pulse-based Multiplexing Protocol for Massive IoT

著者:Chiemi Tanaka(Tokyo University of Science), Aohan Li (Tokyo University of Science), Ferdinand Peper(National Institute of Information and Communications Technology), Kenji Leibnitz(National Institute of Information and Communications Technology), Konstantinos Theofilis(National Institute of Information and Communications Technology), Naoki Wakamiya(Osaka University), Mikio Hasegawa

学会HP:http://nolta2020.org/

M2 田中智恵美の論文がNonlinear Theory and Its Applications, IEICEに掲載

M2田中の論文が,国際ジャーナルNonlinear Theory and Its Applications, IEICEに掲載されました。

論文タイトル:Application of APCMA protocol to powerpacket networks for multiplexing powerpacket transmissions

論文:https://www.jstage.jst.go.jp/article/nolta/11/4/11_433/_pdf/-char/en
掲載雑誌:https://www.ieice.org/publications/nolta/