IEICE 複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS)@理科大にて村田(M2)が発表

3月26,27日に開催された複雑コミュニケーションサイエンス研究会(CCS) 2017年度第4回研究会(東京理科大学 森戸記念館)において
修士1年の村田侑雄が発表を行いました.

発表タイトル:Coherent Ising Machineを用いたIEEE802.11無線LANアクセスポイントの最適化手法http://www.ieice.org/ken/program/index.php?mode=program&tgs_regid=cd74b2b025a391854a19a5d6974a3e13bfc7f6c607972235c4043f4621c5b2f8&tgid=CCS&layout=&lang=

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です